(チラ裏)マンドリンオリジナル曲の今と昔

2019.07.03 Wednesday 19:23
0

    それにしても、マンドリンオーケストラの演奏会でよく演奏される曲も、随分と様変わりしましたね。筆者が学生だった頃はイタリアオリジナルをはじめ藤掛廣幸先生や小林由直さんの曲が多かったですが、最近は丸本大悟さんや武藤理恵さんだったり、イタリアンではC.Mandonico氏の作品が多く取り扱われています。すっかり様変わりしてしまいましたねぇ。

    〔魍笋分散化された

     

    昔はギターや低音パートがリズムを組み立て、その上にマンドリンが主旋律を奏でるというもので、流動的に動くのはマンドラくらいなものでした。しかし今となっては、ギターやマンドロンセロもメロディーを担当しますし、マンドリンが弾き伸ばしやアルペジオで下支えする場面も珍しくなくなりました。

     

    で、30代になって今さら、筆者は苦しんでいる状態に陥っています。なにせ、ギターならリズムの刻み、セロだったら低音弾き伸ばしをしていればよかったのが、丸本作品ネイティヴな年下の演奏者に囲まれると一転、ギターでもメロディーを弾く羽目になるわ、セロでもメロディーを弾かざるを得なくなるわ、といった状況に追い込まれ、今まで培ってきた経験がまるで通用しないシチュエーションに悪戦苦闘しております。

     

    逆にイタリア古典作品は、こうした決まり切った役割分担によって、ある種の「様式美」を生み出しているのかもしれません。その制約された環境下で2000年代下でも現役バリバリだったのは、ただただ驚嘆するしかありません。

     

     

    ∈邏焚箸里遊びが反映されるようになった

     

    これを執筆しながら「組曲」(森本和幸)のギター譜を見ているのですが、2019年の現代でこそ普通の譜面だと思うようになりましたが、これを初めて見た時は「なんじゃこりゃああああ!」と思ったものです。まず9/8拍子という意味不明な拍子に、それぞれ楽器の違う場所をノッキングするとか、もう付いて行くだけで息も絶え絶えでした。

     

    それが今となっては7/8拍子くらいでは驚かなくなりましたし、ハーモニクスやブラッシングミュートがきても冷静に対応できるようになりました(弾けるかどうかは別)。それくらい今のマンドリン業界では、特殊奏法が随分と身近になったように感じています。

     

    今は何においても手堅い選択しかしない若者ばかりになってしまいましたから、今までの手法を使い回すだけでは若者は興味を持ってくれなくなりました。これはマンドリン音楽とて例外ではなく、今までとは違う「プレクトラム楽器だからこそ出来る表現」を追い求めるのは必然だったようで、足を止めて振り向いてくれるだけのインパクトを備えた楽曲の需要が高まりました。だからこそ、こんな感じで「作曲者のお遊び」が求められるようになり、古参の方々にとっては「なんじゃこりゃああああ!」な曲がリリースされるに至ったわけです。

     

     

    これらの極みが、この「Red on ice」(Kzo Ishibashi)でしょう。マンドロンセロの四重奏というだけでも激レアなのに、さらに輪をかけて「ピックではなくペンで絃をはじく」という演奏法が指示されています。これもうわけわかんねぇな。

     

     

    これから先、どんな新たな表現が生まれるか全くの未知数ですが、とりあえず「お客様が聴いてて楽しい」のはもちろんの事、「演奏者も弾いてて楽しい」を両立した曲がリリースされることを、心から望みます。あぁでも、シンプルな構成の曲がいいですねぇ(白目)

     

    JUGEMテーマ:マンドリン

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Google AdSense
    ニコニコ生放送
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 社会人マンドリン団体に入れなくなりました
      C4
    • 社会人マンドリン団体に入れなくなりました
      通りすがり
    • その「やりがい」、もしかしたら「搾取」かもしれませんよ?
      バカボン
    • その「やりがい」、もしかしたら「搾取」かもしれませんよ?
      C4
    • その「やりがい」、もしかしたら「搾取」かもしれませんよ?
      バカボン
    • 練習しなくても楽器が上手くなる方法は・・・あります!
      C4
    • 練習しなくても楽器が上手くなる方法は・・・あります!
      A-co
    • 【緊急特集】アルテマンドリニスティカは社畜養成所か
      C4
    • 【緊急特集】アルテマンドリニスティカは社畜養成所か
      黄昏
    • 地域おこし協力隊を辞めました
      C4
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...